映像EDIT

映像編集

皆さんは映像編集と言えばどんな感じを受けますか?30代から上の世代はフイルムを切ったり張ったりな感じだったり、それ以下のの年齢の人達は殆んどがパソコンで編集する事が当たり前になっているのでしょうか?ココではそんな疑問を映画編集で簡単にご紹介いたします。

映像編集(映画)

[クランクイン]:よく耳にするクランクインは映像の撮影を始める時に使います。当たり前の事ですが映像編集において編集する映像が無いと話しになりません。映画やドラマでも1つのテープに同じ場所の別々のシーンを撮り溜めるため撮影されたテープを順次、中の映像を確認しながら繋いでいきます。以外に編集がこんな初期から始まっているのには驚きです。ちなみに映像録画時は編集のため音声は別々に録音・録画されています。

[クランクアップ]:こちらもよく言葉で映画やドラマなどの撮影がすべて終了した時につかいます。映像の撮影はすべて終了していますので編集はココからが本番になります。そのため映像を撮った監督や演出家に意見を聞きながらの編集作業に入るそうです。

[オールラッシュ]:すべての映像が一通り編集が終わったら、クランクインで映像とは別で録音した音声を編集で付け足していきます。よくよく考えれば確かに音声もで別で録音していた方が後で編集するのが楽になります、皆さんは知っていましたか?映像と音声を別々で録音する事。実は筆者は調べるまで気がつきませんでした。

[ダビング]:編集で出来た映像と音声を一緒にするために一つのテープに文字通り録画します。まさか一つの映像作品を作るのにこんなに手間がかかっているとは思いませんでした。映像編集は中々大変みたいです。

そのほかの編集

FV編集

近年の情報機器の発達に伴い、撮影したフィルム映像を「ハイビジョン」や「デジタルハイビジョン」対応の映像へ編集する技術です。最近の映像編集は殆んどはフィルムではなくデジタル(パソコンに映像を取り込んで)処理しているようで、実際にフィルムを切り張りするような映像の編集は減ってきているそうです。そのためフィルムを直接扱える映像編集者が中々育たなくなっているのが映像業界で問題になっています。

ちなみに前記に書いてある通り、近年はデジタル編集で映像を作成する事が大半になっていますが映像編集を行なう人から言わせて観れば「編集機器が向上しても映像を編集する本人の技術や才能が無いと結局同じ」だそうです。技術系と芸術系は有る意味で紙一重なのだと思いました。


おすすめWEBサイト 5選

文字1行200円、画像差し替え1ケ所500円など、良心的かつ低料金でサポート。

ホームページ 更新代行

業務用エアコンのエアコン丸!工事は5年間無料保証!むずかしい工事も丸く納まります。

業務用エアコン

オーダーメイド品質の自然さ、軽さを実現した医療用ウィッグ

付け心地のよい医療用ウィッグ

2016/3/24 更新